顧客管理の目的と方法

Posted 日曜日, 6月 19th, 2016

顧客管理とはよく聞くけれど、そもそも顧客管理を行う目的は何だと思いますか?目的は明白で、「顧客の状態や商談進捗などの情報を組織的に管理することで、適切な指示や指導を行い、受注率を高めて売上を向上させること」なのです。それには「顧客情報を顧客ごとに取りまとめ、いつでも閲覧可能な状態にしておくこと」「顧客との商談進捗を確認可能な状態にしておくこと」「見込み度合いの変化をいつでも把握できる状態にしておくこと」が大切になってきます。こういった顧客情報を組織で管理するに当たり、一体どのような方法で管理するのがベストなのでしょうか?紙媒体によるファイリングは、検索しにくい上に閲覧する際もリアルタイムな情報ではありませんよね。そこでオススメなのがパソコンを使ったITの活用です。手軽に始められてリスクも少ないエクセルで顧客管理をするのも良いでしょう。また顧客管理システム(CRM)や営業支援システム(SFA)を利用するというのも1つの手 です。ポイントは、必要最低限の入力項目であること、顧客の重要度やランクを分けて管理すること、タイムリーな商談の進捗状況を入力することなど。キチンと営業担当者が入力し顧客管理を行えば、質の高い営業展開ができるようになります。それにはITを上手く使いこなすことが重要になってきますね。SFA(営業支援システム)比較