降雨レーダー機能の提供をスタート

Posted 水曜日, 7月 13th, 2016

ナビタイムジャパンが今月25日から新しい機能の提供をスタートさせたそうです。ナビタイムには法人向けの運行管理サービスというものがあるそうで、これに降雨レーダー機能を追加したんだそうです。そのサービスの名称は「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」と言うそうです。法人向けのスマートフォンやタブレットを利用している方は、すでに愛用されているかもしれませんね。

このレーダー機能ですが、雨の強さを色分けすることで教えてくれたり、最大6時間先までの雨の予想などを地図上に示してくれるんですって。また、これから向かう場所までのルートの雨の量も確認できるとか。これはすっごく便利ですよね。

車での移動だけならここまで雨に対して心配する必要は無いと思うんですが、バスや電車、徒歩での移動の場合、雨が降るかどうか、また雨の量で移動の仕方や荷物の量、雨具の選び方など違ってきますからね。私も大した移動でもないのに、雨の量ってすっごく気になるんですよ^^だから、このような機能ってすっごく助かる人が大勢いると思いますね。

営業管理 ツール