mdm機能による危機の回避

Posted 木曜日, 7月 27th, 2017

Mdm管理機能には様々なサービスがありますが、モバイルデバイスを法人企業や教育機関で使用する場合、情報漏洩防止対策が最も重要になるでしょう。そこで多くのmdm管理機能には危機を回避できる対策システムがついています。例えば管理者からの緊急コマンドでモバイルデバイス端末がインターネット接続されている時にリモート指示がでるなど、即座に危機を回避できるのです。モバイルデバイス端末画面を強制的にロックすることもできます。ロックした場合、ユーザーがPINやパスワードを入力すればそのロックは解除されます。さらに使用者自身がロックするだけではなく、mdm機能では管理者が強制ロックすることもできます。ロックされた端末に関しては管理者が管理者強制ロックの解除機能で解除することでモバイルデバイスを使えるようになるでしょう。この時ユーザーが解除することはできません。その他SDカード内データを消去したり、パスワードのリセット、エージェントバージョンアップなどを行うこともできるでしょう。mdmによる教育のペーパレス化