Archive for 8月, 2018

タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を業務で活用する機会は増えています。企業によっては従業員1人1人にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給する会社も多く見られます。業務でたくさんのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用する場合には、円滑に活用するために一括して一元管理が必要となります。
そこで利用するのがmdmです。mdmはmobile device managemetの略であり、モバイルデバイス端末の管理ツールとなっています。現在企業がモバイルデバイス端末を事業用で利用する時には、mdmアプリケーションの利用が広く用いられており、それは一般的になってきています。
情報セキュリティの観点からモバイルデバイス端末を利用する時には慎重な管理が求められます。端末情報の管理、紛失時の遠隔ロック、利用履歴、移動履歴のトレース、ユーザーによる不要アプリのインストールの不可などをmdmで管理することによって行うことができます。

スマートフォンやタブレットを業務利用のために大量導入する企業や教育機関は非常に多いです。
この大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際に管理担当者を悩ます問題となるのが、初期導入時の設定と運用開始後の管理になります。
初期導入時は、大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を1台ずつ設定しなければならず、その設定時間はとても時間がかかります。
またたくさんの初期設定をしていると、人的ミスも生じやすくなるためどうしても効率的ではありません。
さらに利用実態が見えていない状態でモバイルデバイス端末を導入するのは現実的ではなく、mdmなどで端末を常時監視して、報告する義務が必要となってきます。
それらの管理を円滑に行うためのツールこそがmdmなのです。mdmを導入することで、現在のモバイルデバイス端末の状態を把握し、導入時の作業コストを最小限に抑えることができます。
また運用開始後も各種レポート機能や管理者によるアラート通知などもスムーズに行うことができます。

企業や学校などの教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、大量のモバイルデバイス端末の初期設定や管理が必要になります。
このモバイルデバイス端末の管理は非常に重要であり、セキュリティ対策としても欠かせません。また業務効率を高めるためにもきちんと管理できることが大切となります。
モバイルデバイス端末を管理する上で欠かせないのが管理ツールの導入です。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するツールをmdmと呼び、多くの企業ではデバイス端末を導入する際に、mdmの導入も行います。
mdmを導入することで初期設定が楽になり、管理者の負担を軽減できます。またデバイス端末の使用制限なども設定できます。mdmは様々なメーカーから登場しており、それぞれmdmの製品によって機能にも違いがあります。企業によって求める機能が異なるので、企業にあったmdmを導入する必要があります。