Archive for 12月, 2018

byodのメリットと課題

Posted 金曜日, 12月 21st, 2018

企業ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するケースが増えています。従来であれば、企業側が従業員に1台ずつスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給して、それらを仕事で利用するのが一般的でした。しかし最近では私用(プライベート)のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するとbyodが勧められています。
byodは非常にたくさんのメリットがある反面、課題も浮き彫りになってきています。メリットとしては会社側が大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を用意しなくてよいので、導入費用の削減につながります。低コストでモバイルデバイス端末を導入したい企業にとってはおすすめの方法と言えるでしょう。
また従業員側としても普段から使用している使い慣れたモバイルデバイス端末になるので、使用する上で負担はわずらわしさはありません。
課題としてはセキュリティ問題があります。私用と社用が同じデバイス端末になるので、セキュリティ対策は入念に行わなければなりません。

byodは私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することを言いますが、このbyodを導入するのは会社などの企業や組織だけではありません。
学校などの教育機関でもbyodを導入するケースは増えてきており、教育機関向けのbyodソリューションも提供され始めています。教育機関向けのbyodソリューションとはWindowsのアプリケーションをパッケージ化して、クラウドから配信可能にするソリューションです。この教育機関向けbyodソリューションを利用すれば、学生たちは必要な時にすぐに学校が保有するアプリケーションを自分のパソコンやタブレットで利用することができるのです。
特にこの教育機関向けのbyodソリューションは大学で導入されてきています。
初回利用時のダウンロードサイズはアプリケーション容量の5%程度にまで抑えることができるため、低速のネットワークでも接続しやすく、容量の小さいパソコンを持っている学生でも、多数のアプリケーションの利用が可能になっています。

スマートフォンやタブレットを管理する技術として、近年その導入事例が急増しているのがmdmです。
mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、このmdm製品のサポートを借りることで、企業のIT部門は企業データをしっかりと保護し、悪意あるアクセスからスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を守ることができるのです。
またそれと同時にユーザーが効率的、そして効果的にモバイルデバイス端末を使った業務を遂行できるようになります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用はスピーディーなビジネス環境において欠かせません。場所を問わずにいつでもどこでも利用できるモバイルデバイス端末は働き方改革においても非常に重要であると言えるでしょう。ただこれらのモバイルデバイス端末にはデータセキュリティの面とプライバシーに関するリスクなどのいくつかの懸念材料があるため、その課題を解決するのがmdmなのです。