モバイル端末管理の一連の流れ

Posted 月曜日, 4月 8th, 2019

mdmによるモバイルデバイス端末管理を企業で検討した場合、企画、調達、導入、運用、終了という5つのフェーズによるライフサイクルが考えられます。
まず企画というのは、mdmの導入目的、目標を達成するために必要なmdmツールへの要求事項をまとめて計画を策定していくことです。
調達では新しく構築するシステムの仕様を明確化することで、ネットワーク回線や機器、ソフトウェアなどの選定を経てから、システムを調達していきます。
導入ではmdmを実際の情報システムに導入して、導入するモバイルデバイス端末をシステムに登録して、従業員などのユーザーに引き渡します。
運用ではmdmできちんと管理できているかが重要となります。モバイルデバイス端末状態の管理、各種情報の収集、セキュリティ情報の更新なども必要になります。
終了ではモバイルデバイス端末に対してデータ消去指示を行って、モバイルデバイスの管理登録を抹消します。