モバイルアプリのコンテナとは?

Posted 日曜日, 7月 9th, 2017

mdmサービスの価格とは?mdm価格

mdm管理

Posted 木曜日, 6月 29th, 2017

mdmは業務上のセキュリティー面の強化や様々な利便性を社用の端末に付与する物であるが、それはそれらが適切に管理されているという条件下での話である。mdmは概念の一つであり、商品名ではない。検索するだけでもmdmサービスを提供する会社は複数存在するし、扱いやすく直感的なメニュー画面を売りにしていたり24時間のサポートを提供するのも一般的だが、あくまでサービスは「提供」されるもので、「サポート」も電話一本で丁寧に「提供」されるのだが、結局の所、mdm、端末の「管理」を行うのは社の人間という事になる。高機能で堅牢なサービスも適切に使われなければ意味はない。利便性や堅牢さ以外にもmdm管理よって端末から様々なデータも収集できる。そのデータを有用に活かせるかどうかは管理者次第とも言える。セキュリティー面での強化という最低限の保険としてだけではなく、同じ料金を支払うなら提供されるサービスは最大限に活用した方がコストパフォーマンスが向上するのは言うまでもない事だろう。サービス内容の熟知と、その有用な活用法も視野に入れてサービスを選ぶ必要がある。MDM基本機能

Apple school managerとは

Posted 火曜日, 6月 20th, 2017

みなさまこんにちは。今回はmdmと appleschool managerの関係について簡単に話していきます。
Mdmはご存知でしょうけど、企業のスマホのセキュリティアプリです。ん?と思うでしょう。「スクールマネージャーなのに企業のスマホ?」と説明していきます!
わかりやすいように「企業の」とつけましたが厳密にはスマホのセキュリティです。できることはスマホからのデータ除去や、機能の制限などのことです。要はスマホのセキュリティなんですけどどこに対しても適用できるんですね。学校でもセキュリティ対策で使えます。
さて、使えるわけではあるんですけど、学校の場合、生徒さんがものすごく多いです。そのため導入に大変な時間を取られます。その手間をなくせるのがapple school managerです。端末を提供するときにすぐに管理できる状態になっています。
要は端末登録が済んでいる状態となるわけです。そう行った便利な機能をもってます。また、ユーザーの認識も顔認証するだけという簡単なものなのが特徴です。
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

mdmの違いって?

Posted 土曜日, 6月 10th, 2017

みなさまこんにちは。今回はmdmを導入する際のポイントを簡単に紹介します。
1. 機能
まず最初はこれですね。自分らの使いたい機能をもってないmdmは選んではいけません!そのために、どんな機能を使うのか自分らで考えて把握する必要があります。例えば、アプリ配信したいとか色々ニーズはあると思いますよ。
2. 値段
mdmって基本1端末あたりの値段で販売しています。だから、自分らの持ってる予算と相談しないといけません。あと、メーカーによって機能ごとに値段が違ったりするので下調べ必須です。
3. インターフェース
これを見てくれてる人って、多分将来のmdm管理者さんだと思います!そんなあなたにお伝えしたいのは自分が使いやすいと思うmdmにすること!正直上の二つはそーんなに変わらないし、値段なんて自分で払うわけじゃないから、そんな考えなくていいです。大事なのは自分の業務の負担にならないかどうかです。Mdmの操作の仕方を考える必要がないくらいシンプルなものを選びましょう。
まとめると、昨日と予算は上司の人に聞いて管理しやすーいもの選ぶのがなんだかんだで一番ですよ!てことです。
mdmとは

セキュリティのチェックを最初に!

Posted 金曜日, 6月 2nd, 2017

名刺の管理サービスにも多くの無料アプリが出ているようです。最近では営業支援ツールとしても名刺は重要な資産に考えられるようになりました。そこで、多くの会社が名刺を有効活用するべく、名刺管理サービスを利用するようになりましたが、ひとつだけ注意しなければいけないことが。

それがセキュリティです。名刺にはその人の会社の情報、個人の情報も入っていたり、名刺交換した際の情報なども手書きされていることが多く見かけられます。それらを全てスキャンしてサービスを提供している会社に送信するわけです。

そのため、セキュリティがきちんと守られている会社のサービスを利用すること。これが最も重要で注意すべきポイントとなります。まずは情報を守れる会社かどうか、ここをチェックしてから導入をすすめましょう。

名刺管理CRM | サービス紹介- KnowledgeSuite

オーダーメイドできるCRM

Posted 水曜日, 5月 31st, 2017

R-CRMという、オーダーメイドができるCRMとして人気のあるシステムがあるそうです。いくつかの特長もあるようですが、その中でも私が注目したのが「営業部全体の数字の底上げがなされてきた」という、導入した会社の効果でした。

営業社員の中にも多くの成約件数を取ってくる社員もいれば、思ったような件数を取れない社員もいますよね。そこでR-CRMを導入。それぞれの社員がこれまで進めてきた商談の中でのやり取りを比較、分析したことで、「営業活動におけるある種の正解と不正解」が、ハッキリと見えてきたんだそうです。これって非常に役立つ比較、分析ですよね。どこの時点でどのような言葉を発していたから良くなかったのか。反対に、このような事を会話の中で伝えたことで、成約までがスピィーディーに進めることができた、というハッキリとした理由がだれでもわかるようになるわけです。

顧客情報を活かして顧客満足度を向上させることが目的と言われるCRMですが、このようなメリットもあったんですね。

せっかくのキャンペーンも

Posted 金曜日, 5月 26th, 2017

キャンペーンっていう単語を見ると、ついついそこのページや広告を見てしまうものですよね^^いつもよりもお得なものがあれば、買っちゃおうかな・・って。

消費者的にはとても嬉しいものですが、ショップや企業の場合、ただキャンペーンで人集めをするだけではダメなんだそうです。それを次に活かすこと、これが大切なんですね。CRMを利用していると、顧客情報をこちらに集約し、分析できるので、例えばあるキャンペーンをネット上で開いたとします。多くの客が集まり、想像以上の売り上げを確定出来ました。しかし、キャンペーンということは商品を格安で提供しているものも多かったために、その費用対効果はそれほど無かったのです。ただ、次のキャンペーンのお知らせを欲しがる顧客が多く、ショップに顧客として登録してくれる人がたくさんいたり、サイト内の足跡などもしっかりと分析できたため、今後増やしていくべき商品の方向付けが可能となりました。

せっかく客を集めるためのキャンペーンなので、その後にも活かしていきたいものですね。

SFAのトライアル申込みはこちら

放置状態になっていませんか?

Posted 木曜日, 5月 18th, 2017

CRMって導入したけど使いにくくて放置している、という会社が多いと聞きます。勿体無いはなしですよね。なぜ、放置状態になっているのか。

これはそれぞれの会社によって理由もまちまちだとは思いますが、私が聞いた会社のはなしでは、ある程度までCRMを使いこなすことはできたとのこと。単純な機能しか入れなかったこと。価格も安く、日本製だったのでアフターフォローもしっかりと行ってくれるだろう、という安心感もあったそうなんです。

ところが、次第に最初に導入した機能だけでは思ったような効果が出ないため、機能の追加を試みたそうです。CRMのサービスをしている会社に問い合わせを行うと、簡単にできますよ!との返事が返ってきたそうですが、ITやパソコンにそこまで詳しくない社員たちばかりなので、ここで放置状態になってしまったと^^

本当に勿体無いですが、ちょっとわかる気がしますよね。壁にぶち当たると、一気にやる気を失うというか。その後どうなったのか・・は、まだ聞いていません^^

SFA・CRMが解決できる営業課題

Posted 日曜日, 4月 30th, 2017

SFAやCRMといったツールは、営業のさまざまな悩みを解決できるんですよ。例えば顧客情報を社内で共有していない場面、二重にアプローチをかけてしまい顧客に迷惑が掛かってしまったり、売上状況をまとめるのにも一苦労です。顧客の数が少ないうちは紙媒体のリストやエクセルでの管理でも何とかなりますが、増えてくるといつかは限界がきます。SFA・CRMなら、リアルタイムに顧客情報を共有できるから、アプローチが二重になることもないし、売上状況だって簡単にまとめられるんですよ。この他にも営業活動の結果だけしか分からないという場合もよく聞きます。確かに「受注できた」「失注した」という結果は重要です。が、なぜ受注したのか、なぜ失注したのかというプロセスを分析することができなければ、次に生かすことはできませんよね。SFA・CRMなら、これまでの経緯をしっかりと蓄積することができるから、なぜ現在の状況になったのかというプロセスを追うことができるのです。以上のように顧客情報を見える化したり営業に関する情報を蓄積することは、企業の課題解決につながります。SFA・CRMはそれをサポートしてくれるツールだということですね。

ほかのシステムは知らないけど・・

Posted 日曜日, 4月 23rd, 2017

CRMには導入をするとたくさんのメリットがあると言われていますよね。その多くは営業、マーケティングの支援となること。しかしそれだけでは無いそうなんです。

CRMには社内のコミュニケーションを活発にする影のメリットがあるそうなんです^^CRMの機能にはスケジュール管理というものがあります。スケジュールは営業マンそれぞれが自分で管理していますが、色んなツールを使っている状況かと。会社で指定されているグループウェアだったり、管理ツールだったり、もしくは手帳だけだったり^^しかも、1つだけではなくてきっと2つ以上、スケジュールを記入している場合が多いようです。これは手間もかかるし、両方に同じことをきちんと入力しているのか不安にもなりますよね。

そこで、CRMのスケジュール機能です。これを全員で使うことでスケジュールを統一でき、しかもその情報は共有できるので社内のコミュニケーションもスムーズに行えるようになるんですね。他のシステムでは、このように多くのメリットを感じるものってあまり無いのではないでしょうか。

https://knowledgesuite.jp