mdmソリューションの機能とは?

Posted 木曜日, 7月 19th, 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入する際に欠かせないのがmdmソリューションです。mdmはiOSのバージョンアップに合わせて最新のバージョンへ迅速にアップデートできるソリューションであり、最新のデバイス端末や新機能など腎族な対応にもスピーディーです。
OSバージョンに関しても幅広く対応しているので、企業で様々なモバイルデバイス端末を導入したとしても一括での管理が可能となっています。
mdmソリューションの中にはmam機能やm㎝機能を持ち合わせている製品も多いです。
mam機能は、APPstoreアプリ、Googleアプリ、自社開発アプリの登録、配布や遠隔インストールおよび削除などが可能です。またmcm機能はWordなどのオフィス系のファイルやPDFや容量の大きい動画もスマート端末へ直接送信することができます。さらにファイルのダウンロードや閲覧状況の確認や管理者による遠隔削除もできます。

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、インターネットにも接続できるとあって多くの企業が業務で使用しています。
モバイルデバイス端末はパソコンと同じように会社の機密情報や個人情報などを含まれているので、それらの情報が第三者に漏れ出ないようにするためにセキュリティ対策をしっかりする必要があります。
例えばスマートフォンを紛失してしまった時に、そのスマートフォンが悪意のある人にわたってしまうとスマートフォンに入っている情報は盗み取られてしまう可能性があります。
そのようなリスク回避をするためにもリモートロックやリモートワイプなどのセキュリティ対策ができるmdmを導入しておく必要があるのです。
mdmは遠隔操作でモバイルデバイス端末の利用ができなくなるようにするリモートロック操作や、モバイルデバイス端末内のデータを全て消去し、初期化するリモートワイプ機能などを備え持っています。
この2つの機能だけでも情報漏えいのリスクを減らすことにつながります。

mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、企業や教育機関で大量のモバイルデバイス端末を導入した時に一括して端末管理できるツールになります。
このmdmを利用することで、業務効率アップがはかれるモバイルデバイス端末の使用が可能になります。
mdm製品はいくつもあり、それぞれに機能や価格が異なります。mdmを選ぶ基準としてリモートワイプやリモートロックなど最低限のセキュリティ対策ができる機能がついたものを選ぶようにしましょう。
リモートワイプは情報漏えい対策としてはかかせません。遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を消去したり、初期化したりすることができるので、紛失・盗難時の情報漏えい対策に必要不可決。
リモートワイプをすることで悪意ある第三者によるモバイルデバイス端末操作を防止することができます。
管理者がmdmの管理画面から遠隔指示で、端末内情報を初期化、消去することが可能です。

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、セキュリティリスクを強化したり、モバイルデバイス端末内に含まれる機密情報の漏えいリスクを改善するなど様々な役割を担うことになるでsりょうy。
企業は企業レベルでのデータ保護をモバイルデバイス端末に操作しますが、モバイルデバイス端末の社内における重要で柔軟な役割に関しては制限されてしまうでしょう。
またmdmに対するコンテナ化アプローチですが、コンテナ化するモバイルセキュリティ製品では、モバイルデバイスの内臓ストレージの一部をmdmアプリ専用にすることができるのです。
このコンテナ化アプローチは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のデータをmdmアプリには入れることはできません。
またモバイルデバイス端末では通常デバイス自体へのログインとは別で、mdmにログインする必要がありがありので覚えておきましょう。

mdm市場の拡大の要因とは?

Posted 木曜日, 6月 7th, 2018

モバイルデバイス管理ツールであるmdmは、スマートフォンやタブレットの導入には欠かせません。日本の企業でも近年スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業が増えており、モバイルデバイス端末を導入するタイミングでmdmも一緒に導入して管理を行うケースが増えています。
mdmでのモバイルデバイス端末管理によって安全強化につながり、不正使用の防止にもつながるので業務効率アップにもつながります。
mdmの市場は日本に比べて世界の市場の方が大きいです。モバイルデバイス管理=mdmの世界市場の地域別のシェアは、北米地域が36%を超えており、世界最大の市場になっています。
その次に欧州地域の22%になります。今後、日本を含めたアジア太平洋地域の市場がさらに大きくなると言われています。世界のmdm市場全体もこの5年間で25%以上成長したと言われており、企業によるBYOD導入によってさらにmdm市場は拡大したと考えられています。

デバイス使用の自由が高いbyod

Posted 日曜日, 5月 27th, 2018

byodへの要求が高まると、IT部門ではアプリケーションや藻倍デバイス端末を安全に管理するための機能、つまりmdmソリューションが必要になってきます。
mdmソリューションを使用すると、IT部門ではプラットフォーム全体におけるモバイルアプリやデバイスを単一管理することができます。
モバイル管理が可能になれば、セキュリティやコンプラインす対策に対応するポリシーを設定できるだけではなく、社員が個人所有のモバイルデバイス端末の使用を選択することもできるため、自由度がアップします。
また社員の個人情報保護に関する心配を取り除くために、mdmだけではなく、mamも管理が可能なmdmソリューションがおすすめです。mdmソリューションによって、社員のモバイルデバイス端末に個人データと作業データを共存させることができ、企業データのセキュリティを低下させることもないので、デバイスを管理することなく、企業データを保護することが可能です。

学校でのmdm利用

Posted 木曜日, 5月 17th, 2018

学校でタブレット端末を導入する場合、大量のタブレットの一括管理をどうするのか?という点が問題となってきます。管理を行わなければならないのは教師であり教師の仕事の負担が増えてしまうため、なんとか対策を考えなければなりません。そこで多くの教育機関で利用されているのがmdmなのです。
mdmを利用すれば、教師がタブレット端末の初期設定や一括管理に時間を取られることはありません。mdmツールを利用して一元管理をしていくので、セキュリティ面とともに、業務効率化につながります。
タブレット端末を授業で活用する時には、それぞれの端末にアプリの追加をしたり、バージョンアップをしたり、Wi-Fi接続設定などを行う必要があります。
しかし1台1台を回収して、その設定や変更作業を行っていてはいくら時間があっても足りません。
そこで教育現場ではmdmを活用することで、これらの設定管理を円滑で一遍に行うことができるようになるのです。

android端末管理でのmdmの利用状況確認

Posted 月曜日, 4月 30th, 2018

android端末管理に欠かせないのがmdmソリューションです。
mdmツールによってandroidやWindows、iOSなどのマルチデバイス端末を一括して管理することが可能です。
mdmを用いてandroid端末管理を行う場合、mdmの機能をいくつも活用することができます。
最も一般的なのが利用状況の把握です。
企業の端末管理担当者の半数は使用者の利用状況の把握をmdmを通じて行っています。
ユーザーはスマートフォンやタブレット端末を活用するために、業務で必要になる情報や業務で使用しているサービスへログインする、社内サーバーへのアクセスなど端末から多くの機密情報を利用していることになります。
そのためandroid端末管理者としてはユーザーによるセキュリティポリシー違反はないか、悪意ある第三者からの攻撃はないか、紛失、盗難はされていないか?などmdmで端末の利用状況を把握することが求められるのです。
またユーザーによってmdm管理外になった端末の検知機能がついたmdmもあります。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

セキュリティリスク対策を行えるmdm

Posted 金曜日, 4月 20th, 2018

インターネットの普及によって、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及も進んでいます。
そこで企業ではスマホやタブレット端末を導入する会社が増えており、業務におけるモバイルデバイス端末利用が急増しているのです。モバイルデバイス端末は簡単に持ち運びができるため、業務の利便性を向上させるには欠かせないツールとなっています。
企業でモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせないのが管理ツールです。一般的に知られているモバイルデバイス端末の管理ツールと言えばmdmです。Mdmは社外へのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の持ち出しによる紛失・盗難のリスク、社内機密情報や個人情報の漏えいを防ぐなどの、セキュリティリスク対策には欠かせません。また不正アクセスやroot化によるセキュリティの脆弱化などの対策にもmdmは有効です。きちんとしたセキュリティリスク対策を行ってこそモバイルデバイス端末を最大限に有効活用できるのです。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Bring your own deviceは個人で所有するスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を仕事においても使う方法になります。一般的なモバイルデバイス端末に比べて、コストカットにつながり、使用者の使い勝手も増すとあって日本企業での導入も進んでいます。
ただBring your own deviceは、通常の企業でのモバイルデバイス端末導入に比べて様々な障壁があるため、経営側としてしっかりとした管理を統制しなければ、うまくいきません。Bring your own deviceに対応できるmdmソリューションを用いて一括管理をする必要があるのです。
Bring your own deviceを利用するには、これまでも利用されていたグループウェア、VPN、セキュリティ対策のソリューション、モバイルデバイスマネジメント=mdmが正しく導入されていることが重要になります。その管理の範囲を広げることで、安全性をしっかりと確立してBring your own deviceを活用することができるでしょう。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/tag/byod/