訪問すべき営業先がわかること

Posted 水曜日, 9月 14th, 2016

案件が進んでいる営業先であれば、次にいつ訪問する、という予定を立てることは当たり前ですが、案件が滞っていたり訪問先リストに上げていなかったりすると、いつの間にか訪問することを忘れてしまっていた!放置状態!!なんてことがありませんか?また、営業に行くべき時を逃してしまった!ということも・・。

このように、訪問が今できていない営業先を一覧で把握できる機能がSFAにはあるんですね。SFAは営業日報や営業情報の管理を効率化できるシステムですが、その中の機能の一つに未訪問の営業先リストを作成する機能もあるんです。この機能はサービスしている会社ごとに少しずつ違いはあり、アラート機能と呼んでいるところもありますが、訪問すべき会社のランクを設定しておくことで、営業に行くべきタイミングを知らせてくれるんですね~。

今進んでいる案件だけにどうしても集中してしまう人や、次に訪問すべきタイミングをいつも逃してしまう・・という営業マンにはぴったりの機能だと思いますよ!

ビジネスチャンスをつくる!

Posted 金曜日, 9月 9th, 2016

「有益な人脈、事例など、営業活動の過程で得た情報は企業にとって貴重な資産です。」と、あるサイトで言われています。しかし、多くの会社ではこれを本当に活かしビジネスチャンスとしているのか・・、それは満足のいくものではないようです。そのために営業支援システムが導入され、ライバル企業に負けないようにビジネスチャンスをより多く生み出そうとしているんですよね。

自分や会社にとって大切にしている人脈があったとしても、それを活かしきれていない、あるいは多くの情報を社内に持っていたとしてもこれらをそのままにしていては何の意味にもなりませんよね。

新規開拓のために毎日足を棒のようにして会社訪問をするのもひとつの大切な仕事かもしれません。しかし、ITが世の中を席巻している時代、今ある多くの資産を有効活用すべく新しいシステムを導入し、ビジネスチャンスをより増やすことも時代の流れとしては取り入れていくことも必要なのかもしれませんね。

アドバンリンクのCRMセミナー

Posted 日曜日, 9月 4th, 2016

アバンリンクが来月の1日に開催するセミナーはご存じですか?テーマは「これからはじめるCRMデータ分析 ~マーケティング担当者に必要なデータ分析ベーシックセミナー~」といもの。

おもに、CRMを導入した場合にはどのようなことを重要視していけば良いのか、といったことが話されるようです。そのためには顧客構造についての理解などを、具体的な事例を使って説明が行われるそうです。また、顧客行動分析についての理解も話されるとか。

このようなセミナーって、テーマやタイトルが自分がずっと知りたかったことだから、ということで勇んで行っても、結局最後まで肝心なことが聞けずに終了~っていうこともあるんですよね。あれって何なんですかね^^セミナーをやっている人たちもそこまでしかわかっていない、ということなのでしょうか。痒いところに全く手が届いていない、というセミナーは本当に疲れます。

なので、このセミナーが参加者全員が「素晴らしく参考になった!」というものになると良いですね^^

http://liginc.co.jp/300730

Knowledge Suiteの導入効果

Posted 木曜日, 8月 4th, 2016

営業支援ツールをサービスしている会社を紹介するサイトがありまして、それを見ていたらKnowledge Suiteを導入した会社がそれぞれその導入効果を載せていました。

それによると、まず1つ目の会社ではExcelでの管理の限界があったとのこと。これよく聞きますよね。Excelで営業案件を管理しているものの、やはりExcel以上の効果は出ないわけで。。そこで、最初のSFAとしてKnowledge Suiteを使ってみたそうです。IDごとに料金発生がなく、人数の可変も柔軟なところがこの会社には合っていたそうです。

2つ目の会社は別々なシステムの非効率さがあったとのこと。これもよく聞きますね。すべてを一元化することで、1度のログインでいくつものソフトを確認できるので、大幅な時間と手間の削減につながります。

そして3つ目が把握できていない営業状況。営業支援ツールの導入を考え、自社に合ったサービスを考える際、実は営業状況の確認、管理が全くできていなかった!ということに気づく会社もあるそうです。しかし導入後には営業管理、顧客管理、名刺管理などがすべてうまくいき、これらを活用してのデータ管理、メルマガの配信など多くの業務が1つの営業支援ツールで回るようになったそうです。

降雨レーダー機能の提供をスタート

Posted 水曜日, 7月 13th, 2016

ナビタイムジャパンが今月25日から新しい機能の提供をスタートさせたそうです。ナビタイムには法人向けの運行管理サービスというものがあるそうで、これに降雨レーダー機能を追加したんだそうです。そのサービスの名称は「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」と言うそうです。法人向けのスマートフォンやタブレットを利用している方は、すでに愛用されているかもしれませんね。

このレーダー機能ですが、雨の強さを色分けすることで教えてくれたり、最大6時間先までの雨の予想などを地図上に示してくれるんですって。また、これから向かう場所までのルートの雨の量も確認できるとか。これはすっごく便利ですよね。

車での移動だけならここまで雨に対して心配する必要は無いと思うんですが、バスや電車、徒歩での移動の場合、雨が降るかどうか、また雨の量で移動の仕方や荷物の量、雨具の選び方など違ってきますからね。私も大した移動でもないのに、雨の量ってすっごく気になるんですよ^^だから、このような機能ってすっごく助かる人が大勢いると思いますね。

営業管理 ツール

昨今はマルチデバイスに対応できるHTML5アプリケーションを開発し、業務を効率化しようと試みる企業が増えているそう。ブラウザ上で動くHTML5アプリケーションは、スマートフォンなどのモバイル活用やWebアプリケーションの使い勝手を高めてくれるものですからね。だからこそHTML5は、エンジニアの基本スキルとして注目度が最も高いそうですよ。それは「HTML5 プロフェッショナル認定試験」を実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパンが、先日公表した「HTML5プロフェッショナル認定資格の企業の取得支援状況」を見ても明らか。今年3月までの時点で、実に7割以上の受験者が所属企業より支援を受けているそう。支援というのは受験料の補助や合格者に対する報奨や奨励金などの提供のことで、前年度と比較しても約100社増加しているそうです。受験を推奨する企業は、NTTソフトウェア株式会社・株式会社アウトソーシングテクノロジー・JBCC株式会社・テンプスタッフテクノロジー株式会社など。多数の企業がHTML5エンジニアの育成に取り組んでいるのがわかりますね。更に今後も増えていくと思います。

営業、販売力が思うほど良くならない・・、もっと営業成績を上げたい・・、会社力を高めたいなどの理由から、CRMといった営業支援ツールを導入している会社って多いですよね。

しかし、残念なことにCRMを導入したからといってそれがすぐに営業成績に結びつくことはあまり無いんだそうです。。え??と思ってしまいますが、確かに、どんなに良いツールを導入したと言っても、その使い道が悪かったり継続して利用できるものでなければ、営業力も上がらないことでしょう。

ある会社のCRMは、「商談化したリードはどの施策で獲得したのかまで追いかけて知る」ことができるとのこと。この成功例があることで、次の営業につながり、必要なもの、必要じゃないもの、改善点などがハッキリとわかるんだそうです。

またこの会社では「コンサルティングや教育研修等4千社を超える」会社と様々な形で仕事をしているため、これまでに蓄積されたノウハウの数も半端ではないとのことです。

顧客管理の目的と方法

Posted 日曜日, 6月 19th, 2016

顧客管理とはよく聞くけれど、そもそも顧客管理を行う目的は何だと思いますか?目的は明白で、「顧客の状態や商談進捗などの情報を組織的に管理することで、適切な指示や指導を行い、受注率を高めて売上を向上させること」なのです。それには「顧客情報を顧客ごとに取りまとめ、いつでも閲覧可能な状態にしておくこと」「顧客との商談進捗を確認可能な状態にしておくこと」「見込み度合いの変化をいつでも把握できる状態にしておくこと」が大切になってきます。こういった顧客情報を組織で管理するに当たり、一体どのような方法で管理するのがベストなのでしょうか?紙媒体によるファイリングは、検索しにくい上に閲覧する際もリアルタイムな情報ではありませんよね。そこでオススメなのがパソコンを使ったITの活用です。手軽に始められてリスクも少ないエクセルで顧客管理をするのも良いでしょう。また顧客管理システム(CRM)や営業支援システム(SFA)を利用するというのも1つの手 です。ポイントは、必要最低限の入力項目であること、顧客の重要度やランクを分けて管理すること、タイムリーな商談の進捗状況を入力することなど。キチンと営業担当者が入力し顧客管理を行えば、質の高い営業展開ができるようになります。それにはITを上手く使いこなすことが重要になってきますね。SFA(営業支援システム)比較

企業のIT部門と従業員とでは、BYOD(私物端末の業務利用)のセキュリティリスクに関して危機感が異なっている場合が多いそう。従業員のモバイルデバイスが企業のアプリケーションやデータにアクセスできるようになると、そのデバイスは差し迫ったセキュリティの脅威となります。にも関わらず、従業員はモバイルデバイスをいともあっさりと紛失する可能性があるうえ、多くのユーザーはパスコードの設定すらしていないという…これはひとえに認識不足からきていると思われます。企業のセキュリティポリシーをきちんと従業員に認知させる努力が大切でしょう。一方でモバイルデバイスのベンダー各社は、ハードウェアやソフトウェアのセキュリティ強化の取り組みを続けています。ハードウェアのセキュリティ対策としては、センサーやプロセッサ、生体認証技術の向上などが挙げられ、ソフトウェアの対策としては、OSやブラウザ、メールクライアントのセキュリティ機能追加が挙げられます。クラウドサービスやインターネットが当たり前になっている今、企業はこういったセキュリティ機能や技術をうまく取り入れながら、BYODでモバイル活用することが今後ますます必要になってくると思います。

ビジネスマン必見の名刺管理アプリ

Posted 月曜日, 6月 6th, 2016

最近のビジネスマンは、もらった名刺をスマートフォンで管理しているという。そのため名刺管理アプリが多く提供されているわけですが、アプリによってそれぞれ機能が異なっています。名刺を整理するために使いたい人やビジネスにも活用したい人などサービスに求めることはビジネスマン一人一人で異なるでしょう。そこで「自分はどのような目的で何のために名刺管理をするのか」を明確にした上で、自分に合ったサービスを見つけなければなりません。例えば『Eight』は、100万人に利用されている超有名な名刺管理アプリで、人力OCR(スキャナで画像を取り込んで人力でテキストに打ち込みデータ化すること)を採用していることが大きな特徴です。名刺の枚数が多い方にオススメですよ。スマホカメラで名刺を撮影してOCR機能でデータ化できる名刺管理アプリ『スマート名刺管理』は、ツイッターやFacebookなどのSNSとの連携が可能な上、「連絡先情報をシェアする」でメッセージ送信もできるそう。他にも『Evernote Hello』という名刺管理アプリは、Evernoteと連携できるからEvernoteユーザーのビジネスマンにピッタリのサービスだと思います。このようにスマートフォンだけで本格的な名刺管理ができるなんて、夢のような話ですよね!名刺の所有枚数が少ないから必要ないわ…なんて事はありません。名刺情報を活用してビジネスに役立ててみてくださいね。